主婦 理想的 間取り例

このコンテンツは、元ハウスメーカーで今不動産特化FPであるカルタが、マイホームに関する情報をわかりやすくお伝えすることを目的としています。
詳しくは運営ポリシーをご覧ください。


こんにちは!
ハウスメーカー、今不動産特化FPカルタです!

カルタ

主婦(主夫)にとって理想の間取りってどんなもの?

家事が楽にこなせて、家族がふれあい、プライベートな時間も楽しめるなら、まさにそれが理想の間取りと言えるかもしれませんね!

そこで、全国258人の主婦のみなさま理想の間取りについてアンケートを実施。

アンケート結果をできる限り、次の間取りに詰めこんでみました!

主婦に理想の間取り1f

主婦に理想の間取り2F

主婦に理想の間取り リビング

この間取りの基本スペック
  • 40坪台、主婦に理想の家
  • 1F床面積:80.73㎡(24.37坪)
  • 2F床面積:55.92㎡(16.88坪)
  • 延床面積:136.66㎡(41.25坪)
  • 建築面積:82.39㎡(24.87坪)

アンケートの結果は、ママ目線の家ってどんな間取り?258人に聞いたアンケート結果でもご紹介していますが、特に多かったのは次のような声でした。

  • 対面キッチン
    家事をしていても子供の姿が見られるようにしたい。
  • ランドリールーム
    玄関から直接入れるようにしたい。
  • 玄関収納
    スポーツ用品やベビーカーなど土がつくものを収納したい。
  • キッチンパントリー
    キッチン家電を収納してスッキリさせたい。
  • フリースペース
    子供の遊び場として、自分のくつろぎスペースとして使いたい。
  • 子供部屋収納
    子供が自分で片付けられるようにしたい。
  • リビング階段
    子供が帰った姿がわかるようにしたい。
  • バルコニー
    部屋を通らなくても直接入れるようにしたい。
  • ウォークインクローゼット
    収納量の多いスペースにしたい。
  • リビング(ダイニング)収納
    小物などなくならないように、1箇所にまとめたい。



それでは、これらの声をどう活かしたのか、この間取りの特徴を確認していきましょう。

少しでも、あなたの家づくりの参考になりますように!

玄関は3畳土間収納とクロゼット完備

玄関収納

アンケートでは、「玄関にシューズクロークが欲しい!」という声が多くありました。

そこで配置したのが、玄関つながりの3畳土間収納

ベビーカーとか、スポーツ用品とか、土がつくもので家の中に入れたくないけど、外に出しておきたくもない…そんなものを収納するのに、こんな空間がある便利ですね!

また、この間取りでは玄関に洗面台もつけました。

帰ってきて、手を洗い、備え付けの玄関クロゼットで上着を脱いで部屋に入るので、外の汚れを中に入れない仕組みです。

衛生的な間取りは、主婦でなくとも理想的!

それにコートを2階のクロゼットまで片付けにいくより、玄関クロゼットにしまった方がよっぽど楽ですよね?

家に帰ったら3WAYの入り方

玄関からの入り方

この間取りでは、玄関から3通りの入り方ができるようにしました。

  1. 子供が部活から帰ってきたら、ランドリーへ直行
  2. スーパー帰りなら、キッチンへ直行
  3. 普段使いや、お客さまが来たときはリビングへ

そんな用途によって入り方を変えられるのは、主婦の理想にとって理想かも?

主婦に理想の間取り 玄関

実際、アンケート結果では特に「玄関からランドリールームへ直接入れるようにしたい!」という声が多くありました。

らくらくな家事動線を考えた間取りに

主婦に理想の家事動線

家事動線とは、炊事・洗濯・掃除といった家事の動きを線で表したもののこと。

距離を短く、行き止まりをなくすと、ムダな動きが減って、主婦にとって理想的な家事動線になります。

この間取りでは、階段を中心とした家事動線と、ランドリールームを中心とした家事動線の2つ作りました。

これなら、行き止まりなく掃除ができて、料理しながら洗濯もできる!

普段の仕事が少しでも楽になれば、主婦にとっても嬉しいですよね。

キッチンの中と外にある収納スペース

対面キッチンとキッチンパントリー

アンケート結果では、「キッチンパントリーがある間取りこそ主婦の理想!」という声が多かったです。

そこでこの間取りでは、キッチンのすぐ隣、かつ、お客さまが来ても見えない位置にパントリールームを配置しました。

収納が少なくてキッチンがごちゃごちゃするのは嫌ですよね?

これなら、大きなホットプレートや冷蔵庫に入れる必要のない野菜類まで、まとめて収納できます。

また、勝手口を出たところには、屋根付きのポーチ

家の中に置いておきたくないけど、雨ざらしにしたくないものの仮置きに理想的なスペースです!

キッチンからは1F全体を見渡せるように

キッチンからの見晴らし

アンケートでは、主婦のみなさまから、次のような声が多くありました。

  • 家事をしていて子供が見えていないと心配!
  • 子供の帰ってきた姿が見えるのが理想!
  • 子供にはリビングで勉強してもらって様子をみたい!

そこでこの間取りでは、キッチンから1Fのほぼ全体が見渡せるようにしています。

主婦に理想の間取り ダイニング

リビング階段なので、キッチンで家事をしていても子供の帰ってきた姿が見え、リビングや畳コーナーで子供が遊んでいる様子もわかります。

ダイニング横の書斎スペースも見えるので、子供が勉強しているかチェック?も可能ですね!

部屋干しも可能なランドリールーム

ランドリールーム

アンケートでは、ランドリールーム(ランドリースペース)を求める声は特に多かったです。

特に雨の多い季節や雪が降る季節は、洗濯物が乾きにくい!

部屋干ししたいけど、ドアとかカーテンレールに洗濯物をかけるんじゃなくて、ちゃんとした部屋干しスペースが欲しいところ。

そこでこの間取りでは、ランドリールームだけで3.5畳、そして備え付けのクロゼットも配置しました。

この広さなら部屋干しもできて、乾いた洗濯物をそのままクロゼットに収納することも可能…これこそ主婦の理想かも?

畳コーナーは、プライベートスペースにしても◎

プライベートスペース

アンケートで意外とあった声が、「リビングの近くに、ちょっとした小部屋があると理想的!」というもの。

子供の遊び場、かつ昼寝スペースとして使いたいという声もありましたが、自分がプライベートスペースとして使いたいという声もありました。

子供用としては、畳コーナーが使いやすいかもしれません。

畳コーナー

でもこんな時代ですから、テレワークもできるワーキングルームにするのも良いかもしれませんね。

ワーキングスペース

室内窓をつければ、子供の様子を見ながらも集中できるスペースにできます。



▼あなたにあった工務店を探すには

工務店は大手ハウスメーカーと違って「展示場」がありません。

工務店って、どうやって探せばいいの!?

そう悩んでいるなら、
≫ 工務店の探し方・選び方まとめ!情報収集の方法から工務店の見分け方まで を参考にしてくださいね!