ナチュラルモダン 内装

このコンテンツは、元ハウスメーカーで今不動産特化FPであるカルタが、マイホームに関する情報をわかりやすくお伝えすることを目的としています。
詳しくは運営ポリシーをご覧ください。


こんにちは!
ハウスメーカー、今不動産特化FPカルタです!

カルタ


ナチュラルモダンとは、木や自然素材を使うナチュラルテイストと、シックで都会的なモダンテイストがミックスされたスタイルのこと。

柔らかいイメージのなかに、相反するはずのシャープな面持ちが内包されていて、年齢を問わず人気があります。


ナチュラルモダンな内装掲載元:ワイエムクリエイト


この記事では、そんなナチュラルモダンな内装には、どうしたらなるのか。

色や家具の選び方などポイントを紹介していきます!

ナチュラルモダンな内装3つのポイントとは

ナチュラルモダンな内装にするには、次の3つのポイントを押さえるのがGOOD。

1.壁か床に白・ベージュ・グレーなどの淡い色を使用する
2.家具や建具は、色や材質、シリーズなどを揃えて統一感を意識
3.建具や家具は、直線的なデザインのものを

それぞれ事例を見ながら、確認していきましょう!

壁や床に白・ベージュ・グレーなどの淡い色を

淡い色を内装に使うことで、観葉植物が似合う、明るく優しい雰囲気と洗練さが感じられる、ナチュラルモダンな部屋を作ることができます。

特に、面積の広い壁や床は、使う色によって部屋の印象を大きく左右します。

フローリングやタイル、壁紙に、白・ベージュ・グレーなどの淡い色を使うだけで、その空間を、簡単に明るく優しい雰囲気に♪

ナチュラルモダンな玄関掲載元:トータテハウジング

白や淡い色には、光を拡散して空間を広く見せる効果もあるので、窓の少ない部屋にこの手法を取り入れるとより効果的です。

家具や建具は、色や材質、シリーズなどを揃えて統一感を

淡い色をベースにすることは、空間作り以外に、建具や家具が選びやすくなるメリットがあります。

そして家具は、白や黒をベースに色味に統一感を持たせると、ナチュラルななかに、モダンな印象が生きてきます。

次のように、スッキリ清潔感のある白っぽい家具を揃えるのもアリ。

ナチュラルモダンに白い家具掲載元:WOODTEC

逆に、ピリッと締まりのある黒っぽい家具を揃えるのもアリです。

ナチュラルモダンに黒い家具掲載元:ムクリ

ナチュラルモダンでは、使う色数や柄物が増えるとポップな印象が強くなります。

もし主張の強い色や柄物を使うなら、アクセントカラーとして限定的に使用するのがおすすめです。

家具は、シンプルで直線的なデザインのものを

家具は、曲線的な物ではなく、より直線的なデザインのものにすると、ナチュラルモダンテイストに使づきます。

また、柄や凹凸が少なく、できるだけシンプルなデザインを選びましょう。

ナチュラルモダンな家具掲載元:KASHA

上の画像は靴箱ですが、柄も扉の取っ手もなく、白をベースにした落ち着いた色合いです。

こういった家具が、ナチュラルモダンの内装によく合います。

シックで大人のナチュラルモダンな内装3つのポイント

さて続いては、ナチュラルモダンスタイルにもう少しアレンジをして、よりシックで落ち着いたイメージにする方法を見てみましょう!

次の3点の意識すると、大人の雰囲気あるナチュラルモダンへと変わります。

1.床と壁の濃淡を分けて、コントラストをつける
2.木とコンクリート打ちっぱなしのコラボを楽しむ
3.グレー配色を多めに使う

床と壁の濃淡を分けて、コントラストをつける

ナチュラルモダンでは、全体を淡い色合いにするのも良いですが、床と壁の濃淡を分けてコントラストをつけるのもアリです。

例えば床材に、美しい木目と濃い茶色が魅力のウォルナットを使った事例が次の画像。

ナチュラルモダン ウォールナット掲載元:Room Clip

白い壁とのコントラストが強く、ピシッと引き締まった印象を受けますね。

木とコンクリート打ちっぱなしのコラボを楽しむ

」と「コンクリート」という全く違う材質を共存させて、コラボレーションさせてみましょう。

この2つはよく合います。

木とコンクリートの打ちっぱなし掲載元:KOTO CORP

コンクリートは、打ちっぱなしで飾り気なくしましょう。

どことなく哀愁のある大人の顔?のようなシックなイメージの内装になります。

グレー配色を多めに使う

先ほどのコンクリート打ちっぱなしもそうですが、木の色はグレーとよく馴染みます。

そこで、落ち着いたイメージのあるグレーを壁や天井など広い面積で使うと、簡単にシックでモダンな印象になります。

掲載元:WOODTEC

上の画像も、キッチン・天井・奥の壁と広い面積でグレーを使って、しっとり落ち着いた空間になっていますね。

同じナチュラルモダンでも、ベースとなる色で印象はグッと変わってくるので、ポイントを押さえて、好みの部屋をつくりましょう!