切妻屋根がダサいはずがない!
このコンテンツは、元ハウスメーカーで今不動産特化FPであるカルタが、マイホームに関する情報をわかりやすくお伝えすることを目的としています。
詳しくは運営ポリシーをご覧ください。


こんにちは!
ハウスメーカー、今不動産特化FPカルタです!

カルタ

屋根の形代表?といっても過言ではない切妻屋根

あなたも子供の頃、家の絵を書いたら、それはきっと切妻屋根の家だったんじゃないでしょうか?

差し掛け屋根 小さい下屋掲載元:casa

とにかくシンプルで、和風・洋風問わずマッチする切妻屋根ですが、ちょっと間違えると、平凡でダサい…なんてことになりかねません。

今回は、そんな切妻屋根について、メリットやカッコよくなるポイントをお届けします!

切妻屋根とは、どんなもの?

そもそも”妻を切る屋根”なんて、変な名前ですよね。

調べてみると、中央や中心に対する端(はし)を語源にしていて、端を「つま」とも読むようです。

それがどうして、妻という文字があてがわれたのかは判りませんが、調べてみたら設計士にもドヤ顔できるかもしれませんね!

とにかく、屋根の端っこが見えることを意味しているのでしょう。

切妻 名称

上のように、切妻屋根の三角が見える側を妻側といい、他方を桁側といいます。

切妻屋根のメリット

それでは、切妻屋根には、どんなメリットがあるのか確認しておきましょう!

施工ミスが起こりにくく、コストも抑えられる

施工ミスが起こりにくいと言うのは、人手がつくる住宅ではとても重要なことです。

切妻屋根は、その形状のシンプルさから施行ミスによる雨漏りが起こりにくいのが最大のメリットといえます。

またシンプルであるがために、コストも抑えられます

屋根裏の換気を行いやすい

切妻屋根は、妻側の三角部分に換気口を取り付けられるので、屋根裏換気がしやすくなります。

ただし、暴風雨の時は外壁を這い上がってくる滴が換気口から侵入してくることもあるので、侵入対策をした専用のものを選ぶようにしてくださいね。

ロフトが作りやすい

切妻屋根は寄せ棟屋根に比べて、小屋裏スペースを確保しやすく、三角天井の味わいあるロフトを作ることができます。

ソーラパネルを載せやすい

屋根の配置方向にもよりますが、切妻屋根は、少なくとも屋根の片面にはたっぷりとソーラパネルを載せられます

自家消費タイプのソーラシステムなら十分なスペースを確保できるでしょう。

切妻屋根のデメリット

メリットをいろいろあげてきましたが、切妻屋根にはとりたてて目立ったデメリットはありません。

ただ、あえてあげるとしたら次の2点でしょう。

  • 平凡な外観になりやすい
  • 妻側の外壁面が大きくなる

切妻屋根はシンプルです。

言い換えれば平凡で、個性に乏しいダサい外観になりやすい屋根ともいえます。

特に妻側の外壁面が大きくなるので、ここをどう見せるかが、かっこいい外観になるか、ダサい外観になるかのキモになります。

切妻屋根でおしゃれな外観にするには

一般的に屋根勾配は3〜4寸が標準ですが、切妻屋根でかっこよく見せるには、5寸以上がおすすめ

ただし屋根勾配を大きくすると、屋根面積が増え、一般的に5寸勾配くらいからは屋根足場も必要になりますから、コストアップになるのが残念なところです。

切妻屋根の勾配掲載元:ミサワホーム

上の写真の屋根は、10寸勾配(45度)で、欧米のかっこいい屋根はほとんどがこれくらいの勾配になっています。

とくに、平屋風2階の場合は急勾配が似合いますね。

切妻屋根 和風掲載元:ミサワホーム

こちらの切妻屋根は5寸ほどで、和風の外観になっています。

なお、軒の出は洋風は短く、和風は長くするとかっこよくなる傾向があります。


あともう1点、軒の天井(軒天)で注意することがあります。

軒天

上の図の左側は、妻側・桁側が同じ勾配軒天になっていますが、右側は桁側が水平軒天となっています。

右側の水平軒天では、納まりの問題から破風に小さな三角形の部分ができます。

決して悪い訳ではありませんが、あまりスマートとは言えませんね。

ちなみに、左側は2×4(ツーバイフォー)工法に多く、右側は在来軸組工法に多くなります。

在来軸組工法の場合、構造や仕組みの関係でやむを得ない部分もあり、特に指示しなければ右側のような破風・軒天になります。

ただ工夫しだいで、左側の2×4のようにスッキリとした破風・軒天とすることもできるので、設計士に相談してみてください。


切妻屋根では、三角を構成する斜めのラインをどのように見せるかで、シャープさや軽快感、そして繊細さが決まります。

極論かもしれませんが、小さな勾配ではシャープさに乏しく、軽快な印象も受けません。

さらに、斜めのラインに美しさがないと、ダサい外観なってしまうのです。

まとめ

色々ある屋根形状の中で、切妻屋根はシンプル・低コストでありながら、ソーラパネルの設置や小屋裏利用などが容易で、コストパフォーマンスの高い屋根です。

また、屋根左右のつりあいや斜めのラインを利用すれば、造形的に印象的なデザインとすることもできます。

切妻屋根の外観ポイントは、妻側です。

端っこではあっても、かっこよさの中心なんです。



▼あなたの理想の間取りを手に入れるために

間取りは欲しいけど、しつこい営業はされたくない!

≫営業マンに会わなくても、自分だけの間取りプランが手に入る方法とは?