リビング吹き抜けと室内窓がある間取り

このコンテンツは、元ハウスメーカーで今不動産特化FPであるカルタが、マイホームに関する情報をわかりやすくお伝えすることを目的としています。
詳しくは運営ポリシーをご覧ください。




今回の依頼主 京都府在住 Iさん

こんにちは。
ただいま、注文住宅を建てるのにどんな間取りがいいのか考え中です!
希望は、35坪前後くらい。
家族は、夫と私、小学校3年生の長男と小学校1年生の長女の4人家族です。
土地の目星がついたところなので、そこでどんな間取りができるか提案してください。
子供が2階に上がってしまって、夫が仕事で、私ひとりが1階に取り残されるのが寂しいです。
だから、家族のつながりを感じられるような、あったかい間取りになればいいなぁと思います。

  • 対面キッチンにして、リビング・ダイニングを見渡せるようにしたい。
  • LDKは20畳以上にしたいです。
  • リビングに吹き抜けをつくって、陽当たりよくしたい。
  • リビング階段にして、子供が帰ったときに、リビングを通って2階に上がれるようにしたい。
  • 収納が多く欲しいです。特にキッチン近くに食品庫が欲しい。
  • 夫の希望で、小さくていいので書斎コーナーが欲しいです。
  • 子供部屋も収納は備付けにしたいです。

よろしくお願いします!



こんにちは!
ハウスメーカー、今不動産特化FPカルタです!


カルタ

今回ご紹介するのは、大きなリビング吹き抜けと室内窓のある間取り!

家族のつながりをより強く感じる間取りになるように、リビングと子供部屋を吹き抜けでつなぐことにしました。

それがコチラ!

リビング吹き抜けと室内窓がある間取り1F

リビング吹き抜けと室内窓がある間取り2F

リビング吹き抜けと室内窓がある間取り配置図

リビング吹き抜けと室内窓がある間取り外観

この間取りの基本スペック
  • リビング吹き抜けと室内窓がある間取り
  • 1F面積: 63.76㎡(19.25坪)
  • 2F面積: 59.53㎡(17.97坪)
  • 延床面積: 123.29㎡(37.22坪)
  • 建築面積: 69.56㎡(21.00坪)

またこの間取りは、大小さまざまな収納があるのも特徴的です。

どんなところで、どんな工夫をしているのか解説していきますね!

適材適所の収納でいつもスッキリな1階

リビング吹き抜けと室内窓がある間取り1F解説

  • 土間収納があれば、シーズンオフの靴や、捨てる予定の新聞の仮置き場としても重宝。
  • 靴箱は意外とスペースをとるもの。備付け靴箱でスッキリ収納。
  • 玄関にクロゼットがあれば、コートをわざわざ2階のクロゼットから持って来なくてよく便利。
  • タオルだけでなく、下着や部屋着も入れられるクロゼットが洗面所近くにあると、これも便利。
  • キッチン横の広々パントリーは、キッチン家電も、災害時の備蓄食料も、洗剤などのストックもまとめて収納OK!
  • 対面キッチンからは、リビング・ダイニングが一望できて、子供の遊んでいる姿を確かめられる。
  • あわせて22畳超の広々LDK!リビング上部は吹き抜けで、高さでさらに広く感じる。
  • 子供の帰ってきたのがわかるようにリビング階段に。



このように、部屋の各所に何を入れるかイメージしながら収納を配置しました。

特にキッチン横のパントリールームは、あると便利!
これだけ大きいので、中に棚を多く設置すれば、万能収納として役立ちます。

一部をテーブルにして、料理の合間に本を読んだり、パソコンを触るスペースにしてもいいですね!

キッチンパントリー掲載元:安成工務店

吹き抜けでリビングと子供部屋がつながる2階

リビング吹き抜けと室内窓がある間取り2F解説

  • 1階のリビングから、吹き抜けごしに子供部屋に声が届く!家族のつながりを強く感じる間取りに♪
  • 1階の洗面所まで距離があるので、2階にも洗面台を。
  • 寝室は広々10.5畳!さらに2畳の書斎スペース付き。
  • 2階の寝室はオーバーハングで1階玄関の屋根代わりにも。

「子供が2階にあがってしまって、同じ家のなかにいるのに、あまり顔をあわせなくなるのは寂しい!」

今回の依頼主さんがそんなことを言っていたので、それならいっそリビングと子供部屋をつないでしまおう!とつくったのが、今回の間取りです。

2つある子供部屋のどちらもが吹き抜けを介してリビングとつながっているので、リビングからでも声が届きます。

これなら、家族をいつも近くに感じて、寂しくないですね!

リビング吹き抜けと室内窓掲載元:スタイル工房



▼あなたにあった工務店を探すには

工務店は、大手ハウスメーカーと違って展示場がありません

工務店って、どうやって探せばいいの⁉︎

そう悩んでいるなら、
▶︎ 工務店の探し方・選び方まとめ!情報収集の方法から工務店の見分け方まで
を参考にしてくださいね!