三角の土地に建てる三角の間取りアイキャッチ

このコンテンツは、元ハウスメーカーで今不動産特化FPであるカルタが、マイホームに関する情報をわかりやすくお伝えすることを目的としています。
詳しくは運営ポリシーをご覧ください。




今回の依頼主 広島県在住 Iさん

はじめまして。
注文住宅を建てたいと土地を探しているんですが、候補のなかに三角形の土地があります。
変形地だけに価格が安い(他の候補の半分くらい)ので、もしその土地で満足いく間取りができるなら購入しようかと考えています。
ぜひ、どんな間取りができるか相談させてください!

  • 角地で、南東側は竹林になっています。
  • 小さな土地ですが、マイカー通勤用と家庭用で車2台分の駐車スペースが必要です。
  • 子供部屋は2つ必要で、できるだけ陽当たりのいい場所にしてあげたいです。
  • 角地で周囲から覗かれないので、南東側は大きな窓にして開放感ある間取りにしたいです。
  • ウッドデッキでくつろいだり、BBQをしたりできたら最高です!
  • 可能なら吹き抜けもほしいです。
  • 家事が楽になる間取りにして欲しいです。

どんな間取りになるか楽しみにしています!



こんにちは!
ハウスメーカー、今不動産特化FPカルタです!


カルタ

今回ご紹介するのは、三角の土地に建てる三角の間取り!

変形土地でも、それをうまく活かせば、個性的で魅力ある間取りにできます。

今回は、土地が三角形であることを活かして、間取りも三角にしました。

それがコチラ!

三角の家の間取り1F

三角の家の間取り2F

三角の家の間取り配置図

この間取りの基本スペック
  • 三角の土地に建てる三角の間取り
  • 1F床面積:57.96㎡(17.50坪)
  • 2F床面積:59.07㎡(17.83坪)
  • 延床面積:117.03㎡(35.33坪)
  • 建築面積:66.66㎡(20.12坪)



特徴的なのが3つの独立したウッドデッキ!

三角で大きいとは言えない土地ですが、南東角地のメリットを存分に活かせるよう工夫しました。

依頼主の希望をどのように間取りに組みこんだか解説しますね。

南東角地を活かした3つのウッドデッキ

 

三角の家の間取り1F解説

  • 第1のウッドデッキは、3枚窓の大きな開口部との合わせ技!外と中のつながりがで、よりLDKを広く見せる効果が。
  • 第2のウッドデッキは、主に洗濯用。隣の部屋で洗濯してすぐ干せるので、家事が楽々♪
  • 第3のウッドデッキは、東面が竹林で覗かれないので、お風呂とつなげて露天風呂気分になれる!
  • ダイニングの上部は全て吹き抜け。上下の広がりで実際より広く感じる空間に。
  • キッチンと洗面室を近づけて、家事動線を短く

特に第3のウッドデッキは贅沢ですね!

ここで、竹林からの涼しげな虫の音を聞き、星空を見ながら冷たいビールでも・・・♪

まさに、三角の南東角地だからこそできる間取りです。

全個室が南東角部屋!三角の間取りだからこそのメリット

 

三角の家の間取り2F解説

  • 寝室・2つの子供部屋が全室南東の角部屋で陽当たりバツグン♪
  • 階段とダイニングの吹き抜けに挟まれた渡り廊下は、まるで空中回廊
  • 吹き抜けを囲む壁を腰までの高さにすれば、視界が開けて圧迫感ない2Fスペースに。
  • 寝室からも廊下からも入れるウォークスルークロゼット

ちなみに、真ん中の子供部屋はオーバーハングしているので、1F第2ウッドデッキの屋根の役目をしています。

三角の家の間取り外観



2000万円だと
▼ どんな間取りになる? ▼

townlife家づくりなら、

オリジナル間取りプランを全国のハウスメーカー・地元工務店に一括依頼できます!

  • 今の間取りでいいのか不安…。
  • いろんな間取りを比べたい!
  • 土地を買うまえの目安にしたい!

という人は、無料なのでどうぞ利用してみてくださいね♪

チャット形式で、間取りの要望を答えていくだけ。最短3分で完了します。

↓↓毎月5000人以上が利用しています↓↓

この記事には広告が含まれていますが、本ブログでは、実際に自分で使ってみて、良いと思ったものしか紹介しておりません(運営ポリシー)。
どうぞ安心してご活用ください。
マイホームのイロハ運営者カルタより