夫婦ふたり暮らしの間取り

このコンテンツは、元ハウスメーカーで今不動産特化FPであるカルタが、マイホームに関する情報をわかりやすくお伝えすることを目的としています。
詳しくは運営ポリシーをご覧ください。




今回の依頼主 大阪府在住 Oさん

はじめまして。
大阪市内に31坪の小さな土地がありまして、そこで新築を考えています。
家族構成は、夫(43)と私(40)のふたり。
おしゃれで、注文住宅だからこその間取りにしたいと思っています。
よろしくお願いします!

  • 家事負担の少ない間取りにして欲しいです。
  • 私が趣味でお菓子づくりをしています(インスタで投稿中)。なので出来るだけ広いキッチンが欲しいです。
  • 夫用に小さくてもいいので書斎が欲しいです。
  • 南側の隣家が近いのですが、陽当たりの良い間取りにして欲しいです。
  • 夫も私も暖炉のある家に憧れています。
  • コストを抑えられる間取りがいいです。

よろしくお願いします!



こんにちは!
ハウスメーカー、今不動産特化FPカルタです!


カルタ

今回ご紹介するのは、夫婦ふたり暮らしの間取り!

土地面積31坪のなかで、陽当たりがよくて、コストを抑えられる正方形の家にしました。

それがコチラ!

夫婦ふたり暮らしの間取り1F

夫婦ふたり暮らしの間取り2F

夫婦ふたり暮らしの間取り配置図


この間取りの基本スペック
  • 夫婦ふたり暮らしの間取り
  • 1F床面積:52.99㎡(16.00坪)
  • 2F面積:37.26㎡(11.25坪)
  • 延床面積:90.26㎡(27.25坪)
  • 建築面積:52.99㎡(16.00坪)



正方形の家は、下図のように外周が短くなるのでコストを抑えることができます。

正方形と長方形の家比較

特に凹凸のない総二階の正方形は、形としては一番コストの低い形なのでオススメ♪

それでは、依頼主の希望をどう間取りに活かしたか見ていきましょう!

サブキッチンと土間スペースが特徴の1F

夫婦ふたり暮らしの間取り1F説明


  • リビング上部は4.5畳の吹き抜け。南側隣家が近くても陽当たりGood!
  • 薪ストーブを置くのに良い土間スペースを配置!
  • 階段中心にぐるっと回遊する家事動線
  • キッチン横にお菓子づくりとインスタ作成用のサブキッチン!明るくて広い空間で趣味に没頭できる♪
  • 夫婦ふたりなので、空間で仕切って建具を減らす!これでコスト大幅ダウン。



建具が減れば、大きなコストダウンになります。

そこでこの間取りでは、LDKを角度や洗面という空間で仕切って、建具をつけない提案をしました。

建具の代わりにアーチ壁で仕切るのも、おしゃれでいいですね!

掲載元:ホームランド

吹き抜けを活かしてシアタールームにした2Fの間取り

夫婦ふたり暮らしの間取り2F説明

 

  • リビング上部の吹き抜けを腰壁で囲むので、視界がひらけて広く感じる!
  • 風呂→ランドリースペース→バルコニーが直結で、洗濯が楽々♪
  • ランドリールームは部屋着を収納するのにも十分な広さで、畳んだ洗濯物を部屋に運ぶ必要なし。
  • 旦那さん希望の書斎ルームは吹き抜けを見下ろす室内窓つき♪リビングから声をかけられる。



せっかくの注文住宅。
趣味を活かせる間取りにしたいところですね?

今回は、お菓子づくりが趣味の奥さんに向けたサブキッチンと、薪ストーブの置ける土間スペースが特徴的な間取りでした。

あなたも新しい家でどんな暮らしがしたいかイメージしながら、理想の間取りを実現させましょう!