カフェ風の家の間取り

このコンテンツは、元ハウスメーカーで今不動産特化FPであるカルタが、マイホームに関する情報をわかりやすくお伝えすることを目的としています。
詳しくは運営ポリシーをご覧ください。




こんにちは!
ハウスメーカー、今不動産特化FPカルタです!

カルタ

今回ご紹介するのは、個性的なこの間取り!

カフェ風の間取り1F
1F
カフェ風の間取り2F
2F
カフェ風の家外観
外観
この間取りの基本スペック
  • 30坪台、4LDK北向き玄関の家
  • 1F床面積:70.38㎡(21.25坪)
  • 2F床面積:57.90㎡(17.48坪)
  • 延床面積:128.29㎡(38.73坪)
  • 建築面積:77.84㎡(23.50坪)

スターバックスとか、おしゃれなカフェに入ると「こんなおしゃれな部屋だったらいいなぁ」って考えたことはありませんか?

そこで、今回のテーマは“カフェ風の家”の間取り!

各所にカフェっぽくなる工夫を凝らしました。

かなり個性的かもしれませんが、それができるのが、注文住宅!

あなたの家づくりの参考になりますように。

あえて見せる!土間キッチンでカフェ風に

今回の間取りで特に個性的なのが、玄関から広がる土間スペース。

家に入ってすぐ、あえてキッチンを見える形になっています。

生活感がでやすいキッチンは見えにくくすることが多いですが、パスタストッカーやコーヒードリッパーなど好きなアイテムを置いて、こだわりのキッチンにするのもあり!

出典:Room Clip

また、土間キッチンにすると調理場に独立感がでて、よりカフェ風になります。

床を水洗いできるので、油はねで床がベタつくこともなく、掃除が楽ですね!

段差で仕切った水回りと生活空間

今回の間取りは、1Fに仕切りになる壁がほとんどなく、とにかく見晴らしの良い大空間になっています。

ただ、単に「大きなワンルーム」のようになってしまってはカッコ悪い…。

そこで主に水回りとリビングやダイニングといった生活空間を段差で仕切りました。

空間の仕切りは、壁だけでなく、このように段差、床材・天井材の変更などでもできます。

4つのリラックススペースでカフェ風に

この間取りでは、4つのリラックススペースをつくって、より”カフェ風”にしています。


①家事の合間の休憩に、カウンター席でケーキとコーヒーでも。

②お風呂あがりは、テラス席で冷たいビールを!

③友人を呼んで、大きな吹き抜けのあるテーブル席でホームパーティー。

④雨の日は2階の展望席でゆっくり読書をしながらティータイム。

まさにウチカフェ!
家の方が快適と、カフェに行かなくなるかも?です。


ちなみに①のカウンター席は、土間キッチンとリビングの段差を利用して、掘りごたつのように座れるようにしています。




④の展望席はセカンドリビングとして、くつろぐも良し。
子供のスタディースペースとしても良し。
書斎スペースとして仕事をしても良しです。

大きな吹き抜けで空間が繋がっているので、1階のキッチンから声をかけてもここに届きます。

家族の距離が近く感じるという意味でも良いですね!


▼あなたの理想の間取りを手に入れるために

間取りは欲しいけど、しつこい営業はされたくない!

≫営業マンに会わなくても、自分だけの間取りプランが手に入る方法とは?