ラップサイディングのメリットとデメリット

このコンテンツは、元ハウスメーカーで今不動産特化FPであるカルタが、マイホームに関する情報をわかりやすくお伝えすることを目的としています。
詳しくは運営ポリシーをご覧ください。


こんにちは!
ハウスメーカー、今不動産特化FPカルタです!

カルタ

ラップと聞くと、語り口調のメロディを思い浮かべるかもしれませんね♪

ですが、今回取り上げるのは音楽の”Rap”ではなく、“Lap”のサイディング!

Lapには「重ねる」という意味があります。

(余談ですが、Rapは会話やおしゃべりの意味)

サイディングとは外壁に張る板材のことで、ラップサイディング(Lap siding)とは、そのサイディングを重ね張りしたもの。

ラップサイディング掲載元:東レ

日本語訳では、下見張り(したみばり)や鎧張り(よろいばり)などいい、日本でも昔からある外壁仕上げの一種です。

ラップサイディングの詳細掲載元:東レ

もともとは、雨の侵入を防ぐための手法だったようですが、見た目の印象にカントリー風や素朴感があるため、昔から根強い人気があります。

この記事では、そんなラップサイディングを採用する際に、知っておいて欲しいメリットとデメリットを紹介していきます!

参考にしてくださいね。

ラップサイディングのメリット

まずはラップサイディングのメリットを確認していきましょう!

自然にとけこみやすい

ラップサイディングで仕上げられた外壁とその陰影には、自然の素朴さがあります。

その外観は、田園風景、海沿い、林間などの自然環境にとけこみやすいのが特徴。

サツキとメイの家掲載元:LINEトラベル.jp

上の画像は、トトロにでてくる「サツキとメイの家」ですが、コレもラップサイディングでできた外壁。

もともと、無垢の板材が使われていた歴史から、「自然にとけこむ」イメージがあるのかもしれません。

存在感がでる

一般的なフラットサイディングに比べて、重ね部分の厚みと陰影が明確に出るため、存在感のある外観になります。

ラップサイディングの外観掲載元:東レ

先に、自然に溶けやすいのが特徴と紹介しましたが、住宅地においてはシンプルで単調な外観に存在感を与え、オシャレな外観とすることもできます。

コーキング目地が減る

ラップサイディングは一枚一枚を上下に重ねて張る施工方法です。

また、ラップサイディング材同士を横に継ぐ時も、端部の継加工を利用してコーキング目地を作らないのが本来の施工方法。

そのため、下画像のような一般的なサイディングにあるコーキング目地ができず、目に見えるコーキングとしては窓まわりのみになります。

サイディングのコーキング

最近では、一般的なサイディングにも、材の4辺に継加工をしたコーキングレスのものもありますが、まだまだ高価なため普及しているとは言えません。

コーキング目地が減ることで、コーキングの劣化による雨水の侵入・雨漏りを最小限に抑えるだけでなく、将来のメンテナンスも楽になります。

そして、コーキング目地がないからこそ、ラップサイディングの水平ラインは美しく見えるんですね。

ラップサイディングのデメリット

魅力的なラップサイディングですが、デメリットもあります。

初期費用が高くなる

本格的なラップサイディングの場合、一枚の高さが20cm前後のものを一枚一枚重ねて張っていき、その有効高さは15cmほどになります。

ですから、一般的なサイディング一枚の高さ45cmに比べて張り手間が増えると共に、材料費もコストアップになります。

ラップサイディングと一般的なサイディング

比較するサイディングにもよりますが、セメントと木繊維を材料にしている窯業系のもので1.5倍前後になり、無垢の木材では、2倍ほどになるものもあります。

なお、ラップサイディング風に見える一般的な高さ45cmのものがあり、コストも抑えられているため、強くこだわらなければ、選択肢に入るでしょう。

供給メーカーが少ない

サイディングメーカーには色々ありますが、窯業系の本格的なラップサイディングを製作しているメーカーは、知られているところでは東レ(株)1社になります。

なお、ラップサイディング調の外壁は、各サイディングメーカーでも用意されています。

ラップサイディング風の外壁掲載元:チャネルオリジナル

ラップサイディング用の無垢の板材を供給しているメーカーは色々ありますから、ネット検索してみてくださいね。

建設会社や工務店に相談するのもいいと思います。

施工が難しく熟練工が少ない

ラップサイディングは、その形状と施工方法のため、慣れていないと雨漏りの原因になることがあります。

また、不慣れだと本来はできないはずのコーキング目地ができてしまい、せっかくの美しさを損なうことにもなってしまいます。

ラップサイディングでは、業者選びが大事ですね。

まとめ

外壁サイディングの中で、ラップサイディングは残念ながら主流ではありません。

理由は、コスト高と施工の難しさなどから、需要が減っているのが主なものでしょう。

しかし、そのデザイン性と存在感には捨てがたいものがあり、根強い人気があります。

ラップサイディングは、初期費用としては割高になりますが、その後のメンテナンスを考えれば、長期的なコストパフォーマンスは高いと言えます。

ラップサイディングの良さを生かした、素敵なマイホームにしてくださいね。



▼あなたにあった工務店を探すには

工務店は大手ハウスメーカーと違って「展示場」がありません。

工務店って、どうやって探せばいいの!?

そう悩んでいるなら、
≫ 工務店の探し方・選び方まとめ!情報収集の方法から工務店の見分け方まで を参考にしてくださいね!