豊中市 新築 リフォーム 補助金

このコンテンツは、元ハウスメーカーで今不動産特化FPであるカルタが、マイホームに関する情報をわかりやすくお伝えすることを目的としています。
詳しくは運営ポリシーをご覧ください。


こんにちは!
ハウスメーカー、今不動産特化FPカルタです!

カルタ

ここでは、大阪府豊中市内で住宅を新築・購入・リフォームするときに受けられる補助金・利子補給金の有無と、ある場合はその条件などをわかりやすく解説していきます!

補助金・利子補給金とは?

市によっては、地域活性化に向けた住宅の支援金というものがあります。

そしてその支援金は、給付の方法で大きく2つのパターンに分かれます。

  • 補助金(助成金)
    住宅の支援金が、一時金としてもらえる
  • 利子補給金
    住宅の支援金が、住宅ローンなどの金利を負担する形で、分割してもらえる



女性と電卓

どちらも市が独自に設定する条件をクリアして、その上で申請しなければもらえません。

もし条件にあうなら、ぜひ申請して、もらえるものはもらってしまいましょう!

豊中市で受けられる補助金と利子補給金の概要

豊中市で受けられる補助金・利子補給金は、次のようになっています。

<新築・建売・中古住宅購入時>

概要
補助金

あり

豊中市三世代同居・近居支援住宅取得補助金

市外在住の子育て世帯が、豊中市内に住む親世帯と同居・近居するための住宅の取得費用(新築・建売・中古)の一部を補助(上限25万円)。

豊中市ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)普及促進補助金

豊中市内でZEH住宅を新築、もしくは建売を購入した場合に20万円の補助金がもらえる

利子補給金 なし



豊中市の補助金という形で2種類の支援を受けることができ、他市に比べても充実している印象です。

<リフォーム時>

概要
補助金 あり

豊中市既存民間建築物耐震診断補助金

昭和56年5月以前の旧耐震基準で着工した建物の耐震診断をする場合に、次の診補助金がもらえる。

  • 木造:診断費用の10/11
    (上限50000円)
  • 非木造:診断費用の1/2
    (上限25000円)

豊中市木造住宅耐震設計・改修・除却補助金

昭和56年5月以前の旧耐震基準で着工した木造住宅を対象に、次の補助金がもらえる。

  • 耐震改修設計:設計費用の7/10
    (上限10万円)
  • 耐震改修工事(耐震シェルター工事も含む):工事費用の1/2
    (上限100万円)
  • 除却工事:上限40万円

豊中市住宅の窓断熱リフォーム支援補助金

既存住宅の内窓設置・外窓交換・ガラス交換をする際に、 高断熱窓にすると補助金をもらえる

リフォーム工事費の1/3
(上限6万円)

豊中市三世代同居支援住宅リフォーム補助金

市外在住の子育て世帯が、豊中市内に住む親世帯と同居するための住宅リフォーム費用の一部を補助

リフォーム工事費の1/3
(上限25万円)

豊中市住宅用再生可能エネルギーシステム設置補助金

住宅の電力消費に充てるため、太陽光発電システムを設置したときに、出力1kwあたり1.5万円(上限6万円)の補助金をもらえる

利子補給金 なし

豊中市のリフォーム補助金は多岐に渡ります。

耐震改修設計・工事が木造住宅に限られている部分は、他市に比べると条件は厳しいといえます。

ただ、窓断熱や太陽光発電システムの補助金もあるのは大きいですね。

補助金・利子補給金の金額と条件

それでは、豊中市でもらえる補助金額と条件を確認していきましょう!

豊中市三世代同居・近居支援住宅取得補助金

豊中市の『豊中市三世代同居・近居支援住宅取得補助金』では、市外在住の子育て世帯が、豊中市内に住む親世帯と同居・近居するための住宅を取得(新築・建売・中古)したときに、上限25万円がもらえます。

三世代同居

この補助金がもらえるか否かは、チェックシートがあるので確認してみましょう。

豊中市補助金チェックシート豊中市三世代同居・近居支援住宅取得補助金 要件確認チェックシート

あくまでも、他市から豊中市に移り住む世帯が対象であって、すでに豊中市で暮らしている人は対象外なので注意しましょう。

この補助金は先着順でもらえ、予算がなくなり次第終了するので、該当するなら早めに申請しましょう。

豊中市ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)普及促進補助金

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)とは、断熱性と省エネ性を高め、さらに太陽光発電など創エネ設備を設置することで、空調・給湯・照明・換気といったエネルギーの年間収支をプラスマイナス「0」にすること可能にする住宅をいいます。

豊中市で、このZEH住宅を新築して補助金の申請すれば、20万円をもらうことができます。

ただ残念ながら、この補助金の予算は120万円。
つまり最大6人しか受けることができません。

豊中市既存民間建築物耐震診断補助金

続いては、リフォーム時に受けられる補助金です。

豊中市では、耐震診断をしたときに『豊中市既存民間建築物耐震診断補助金』がもらえます。

耐震診断

補助金の計算は次の通り。

耐震診断の補助金額
  • 木造の場合
    耐震診断にかかる費用×10/11
    (上限50000円)
  • 非木造の場合
    耐震診断にかかる費用×1/2
    (上限25000円)



この補助金の対象になる住宅は、原則として昭和56年5月以前の旧耐震基準で着工された住宅になります。

昭和56年5月以前の着工建物に限定されているのは、昭和56年6月1日から建築基準法が新耐震基準に改正されたから。
それ以降の建物は、倒壊危険性は低いはずという前提があるので、補助金の対象外です。

新旧耐震基準

この補助金をもらうには、市に事前申請をして着手しなければ対象外になるので注意しましょう。

また、市に認められた事業者による診断でなければ、補助金は受けられません。

豊中市木造住宅耐震設計・改修・除却補助金

豊中市の『豊中市木造住宅耐震設計・改修・除却補助金』は、倒壊の可能性がある建物について耐震改修設計・工事をした場合に補助金がもらえる制度ですが、その名の通り木造住宅のみが対象になっています。

耐震設計・工事

補強設計と工事に対する補助金は、それぞれ次の通り。

耐震設計への補助金額

耐震設計の費用×7/10
(上限10万円)


耐震工事への補助金額

耐震工事の費用×1/2
(上限80万円)
(耐震シェルター工事も含む)


除却への補助金額

除却(解体)費用か40万円いずれか低い金額


この補助金には以下のような所得制限があるので注意しましょう。

直近の所得1200万円超 直近の所得507万円以上
耐震設計 対象外 対象
耐震工事 対象外 80万円→40万円に減額
除却工事 対象外 対象外

豊中市住宅の窓断熱リフォーム支援補助金

豊中市の『豊中市住宅の窓断熱リフォーム支援補助金』は、次のいずれかの工事をした場合に、工事費の1/3(上限6万円)の補助金をだしてくれます。

省エネ

  1. 内窓設置:既存窓の内側に新たに、高断熱窓を設置すること。
  2. 外窓交換:既存窓を取り除き、同位置において、高断熱窓に交換すること(カバー工法を含む)。
  3. ガラス交換:既存のガラスを高断熱窓に交換すること。

ただこの補助金も予算は少なく120万円なので、補助金を受けられるのは20人程度になります。

豊中市三世代同居支援住宅リフォーム補助金

豊中市の『豊中市三世代同居支援住宅リフォーム補助金』では、市外在住の子育て世帯が、豊中市内に住む親世帯と同居するためのリフォームについて補助金がもらえます。

補助金の計算式は次の通り。

リフォームへの補助金額

リフォーム工事費の費用×1/3
(上限25万円)


ただし、リフォーム工事費が10万円未満のような小さな工事は対象外です。

対象になるか否かをチェックできるシートがあるので、確認してみましょう。

豊中市三世代同居・近居支援住宅リフォーム補助金 要件確認チェックシート

豊中市住宅用再生可能エネルギーシステム設置補助金

住宅の電力消費に充てるため、太陽光発電システムを設置したときに補助金をもらえます。

補助金の計算は次の通りになります。

設置工事への補助金額

太陽電池の出力1kWあたり1.5万円
(上限6万円)


この補助金の対象になるのは、太陽電池モジュールにかかる費用であって、設置工事にかかる費用は対象外です。

また申請時には、設置前と設置後の写真が必要になるので、この補助金については、設置業者によく確認しながら進めていきましょう。

さいごに

ここでは、豊中市の新築やリフォームをしたときにもらえる補助金・利子補給金について金額や主な条件を解説しました。

条件をクリアできそうなら、市に問い合わせてみましょう!