吹田市 新築 リフォーム 補助金

このコンテンツは、元ハウスメーカーで今不動産特化FPであるカルタが、マイホームに関する情報をわかりやすくお伝えすることを目的としています。
詳しくは運営ポリシーをご覧ください。


こんにちは!
ハウスメーカー、今不動産特化FPカルタです!

カルタ

ここでは、大阪府吹田市内で住宅を新築・購入・リフォームするときに受けられる補助金・利子補給金ついて紹介していきます!

補助金・利子補給金とは?

市によっては、地域活性化に向けた住宅の支援金というものがあります。

そしてその支援金は、給付の方法で大きく2つのパターンに分かれます。

  • 補助金(助成金)
    住宅の支援金が、一時金としてもらえる
  • 利子補給金
    住宅の支援金が、住宅ローンなどの金利を負担する形で、分割してもらえる



女性と電卓

どちらも市が独自に設定する条件をクリアして、その上で申請しなければもらえません。

もし条件にあうなら、ぜひ申請して、もらえるものはもらってしまいましょう!

新築・建売・中古住宅購入時の補助金

吹田市は、新築や中古住宅購入時の補助金・利子補給金は、残念ながらありませんでした。

では、リフォームはどうでしょうか。

リフォーム時の補助金

吹田市には、『吹田市既存民間木造住宅耐震診断・耐震設計・耐震改修の補助制度』があり、昭和56年5月以前の建築主事の確認を受けて建築された住宅について、耐震診断・耐震設計・耐震改修工事・除却(解体)をするときに補助金をもらえます。


ただし耐震設計・耐震改修工事・除却については、木造住宅だけが対象になります。

耐震診断


もらえる補助金は次の通りです。

  • 木造住宅の耐震診断
    診断費用の10/11(ただし、1㎡あたり1100円もしくは5万円が上限)
  • 非木造住宅の耐震診断
    診断費用の1/2(上限100万円)
  • 耐震設計
    設計費用の7/10(上限10万円)
  • 耐震改修工事
    工事費用の4/5(上限70万円)
  • 除却工事
    除却費用の4/5(上限40万円)

補助金の対象が昭和56年5月以前の建物に限定されているのは、昭和56年6月1日から建築基準法が新耐震基準に改正されたから。

それ以降の建物は、倒壊危険性は低いはずという前提があるので、補助金の対象外になります。

新旧耐震基準

この補助金をもらうには、先に交付申請をして、交付決定を受けてから着手する必要があります

そうしないと補助金の対象外になってしまうので、注意しましょう。


流れとしては、最初に耐震診断の交付申請をして、交付決定後に実際の耐震診断に着手します。

そして診断の結果「倒壊の可能性あり」された場合は、次は耐震設計の補助金交付申請に移ります。

(耐震設計以降の補助金はあくまでも倒壊回避のためなので、診断の結果「問題なし」と評価されると、これも補助の対象外)

耐震設計補助金の交付決定があれば、実際に耐震設計に着手。

その設計をもとに、続いて耐震改修工事補助金の交付申請をすることになります。

これら補助制度をすべて使った場合には、耐震診断(5万円)+耐震設計(10万円)+耐震改修工事(70万円)の合計で最大85万円をもらえることになります。

該当するなら、ぜひ活用したいところですね!


ただし、耐震設計以降の補助金を受けるには、所得制限があります。

前年所得が507万円未満でないと、そもそも補助金の対象外になります(他の市より基準としては厳しいかも…)。

さいごに

吹田市は、どちらかというと住宅の補助金の制度はあまり充実していない印象です。

ただ、年度によっては新しい補助金制度が創設される可能性もなくはありません。

同じ大阪府内でも、市によっては、太陽光発電システムの設置や二世帯住宅にリフォームするときなどに、補助金をだしているところもあります。

何らか工事をするときには、事前に市に問い合わせてみましょう!